コロナ禍でアダルトチルドレンが気をつけたいこと

コロナ禍のなか、緊急事態宣言の
解除基準が
14日に発表されるようですね。

ここを境に
世の中の動きがグっと変わりそうです。

ただ、人の波は大きく見えても、
実は不安な個人の集合にすぎません。

 

他人の動向が気になってしまう

アダルトチルドレンにとって、

大きな変化にどう対応するか。

 

今回の記事にまとめてみました。

 

感じている以外の感情があることを知る

感情は無意識でわきあがるもので
頭ですべてを確認できません。

 

「あの人にヒドイことを言われた!」

と憤慨する裏では

「今日の晩御飯何食べようかな♪」

という感情も動いているのです。

 

でも、頭で認識出るのは

一つの感情だけ。

 

頭はイライラしていても、
実は心の別の場所でウキウキしている、
不安がっている、喜んでいる。

こうした、ごちゃ混ぜな状態なんです。

 

そんなとき、
頭に浮かんでいる1つの感情「だけ」に
とらわれていると、、

 

他の感情が知らずのうちに

抑えられて感じられなくなってしまいます。

 

そうすると、極端行動をとりがちな

アダルトチルドレンは、

イライラという感情の指令通りに

自粛ポリスのような行動へ激化してしまいます。

 

SNSで過剰に悪口を言ったり、

逆に過剰に不安になったり。

 

様々な形で感情にふりまわされやすいのです。

 

浮かんだ感情に罪はないのです

嫌な感情が浮かんでくると、

「抑えなきゃ!」

「早くかわらなきゃ!」

と焦ってしまいますよね。

 

でも解消法がわからず、

イライラやモヤモヤが湧いてきます。

 

意外かもしれませんが、

「あ、今イライラしてる・・・」

とつぶやくだけで

感情の暴走はとまるのです。

 

この時点で、

自分の感情でも他人事に変わるから。

 

客観視ができる、ということです。

 

そうすると、
潜在意識は安心感を得て
他の感情もおそるおそる出しはじめます。

 

cat

 

本音は恥ずかしがり屋さん

人の本音はすごく恥ずかしがり屋さんで

刺激があるとすぐに隠れます。

 

嫌な感情でも受け入れたあとに

湧き上がる安心感。

ここにホンネが隠れているんですね。

 

そしてこのホンネを頭で
はっきりと認識して、
行動に移すとどうなるか。

 

やるき、元気、わくわく、
といった形で、
無意識(潜在意識)は

喜びを伝えてきます。

 

これをコロナ禍にあてはめると・・

「自粛でイライラ、つまらない」

「こんなときも出勤、やってらんない」

↓↓↓

「そんな感情をもってもいいよ。」

(伝え返し、抱きしめ)

↓↓↓

潜在意識は安心する

↓↓↓

「これを機会に副業をしてみようか」

「YouTubeって無料でスキルアップできるんだ!」

「コロナ明けにはここで遊ぶぞ~~」

「ひさしぶりに友達に連絡しようか」

「不安だけど、結局は生きるしかないよね」

(ココが隠れていたホンネ)

 

こうして潜在意識(=心)に
安心感を与えることで
抑えられていたホンネがでやすくなります。

 

これをしなかったどうでしょう。

 

伝え返しと抱きしめがなければ、
いわゆる「自粛ポリス」のように、

自分が損をしてでも
相手を傷つけてやる!!

といった
最初に浮かんだイライラに
振り回されることになることも。

 

これって、実は

「イライラを消したい!」

という頭由来の抑えつけに、

「私(イライラ)の存在も認めてよ!」

という潜在意識からの
強い反発からくる、
感情の暴走なのです。

 

同じ出来事に出会っても、
感情を受けとめたかどうかの差で

 

やりたいことを見つけるか、
自粛ポリスになるのか、

ここまで行動が変わってきます。

 

「でもその受けとめ方がわからい!」

という方は、

よければ無料レッスンを用意したので、、

下の画像から登録してみてください。

 

動画、書籍、7日間のメールで、

あなたの心を守り、癒し、育てます。

【無料メール講座】今ならセミナー動画、電子書籍などの特典付!

詳細は画像をクリック。

header

 

蟹江町、名古屋市、愛西市、津島市、弥富市、桑名市、四日市市、あま市などから予約の多いカウンセリングルームです。

オンラインカウンセリングでは全国の方にご予約をいただいております。