【香りと感情】ACやHSPがすぐできる香りと癒し

香り(嗅覚)と感情は、

身体の中でダイレクトに繋がっています。

 

たとえばパン屋さんの

においに気づいたとたん、

突然パンが食べたくなるアレです。

 

実は感情にダイレクトに繋がるのは、

五感のなかでも嗅覚だけ。

 

とくに良い記憶と結びついた香りは、

一気に気分を変えてくれるので、

アロマテラピーなどで使われています。

 

人の感情と行動は、

身体の外の刺激を五感で受け取って、

イメージしたり考えたりしながら

無意識で決まっています。

 

自分で決めているように見えて、

じつは無意識に

過去のパターン、気持ちをひっくるめて

同じような行動をしたい気分にさせられているのです。

 

 

アダルトチルドレンや愛着障がいの場合、

この行動パターンが0歳~8歳ぐらいまでの、

親の愛情を失わないための行動になります。

 

たとえば極端な完璧主義、過度な気遣い・自虐ネタ。

極度の不安、緊張や批判への恐れ。

 

大人になっても同じことをするために

社会では不適応を起こして苦しむのです。

 

ということは、五感を変えて、

感情を根本から変えてはどうか。

 

そこでカウンセリング後のアドバイスで、

落ち込んだ時に五感を変えるように

お願いしています。

 

窓の外を見るだけで視覚は変わり、

窓を開ければ聴覚、嗅覚、

風があれば触覚も変わります。

 

 

そのときに一番強力なのが「嗅覚」

 

ほかの感覚は、寄り道をしながら

感情や本能の場所(大脳辺縁系といいます)に届くのです。

 

たとえば、楽しい風景を見ているのに、

失敗体験を思い出すことってありません?

 

「なんで今コレを思い出すの!」

「テンション下がるな~もう!」

てなこと、ありますよね(;^_^A

嗅覚は一気に感情を変えるので、

他の余計な感情が湧きにくいのです。

 

自分が好きな香りさえ見つければ、

リラックスしたりウキウキしたり、

感情を一気に変えることもできる。

 

アロマテラピーは、

この効果を狙っているんですね。

ただし、イヤな思い出が

くっついている香りは逆効果。

 

僕の場合ミント系が好きなのですが、

受験生時代の眠気覚ましに使っていたので

一気にその思い出がよみがえります。

 

逆に森のヒノキの香りでは

趣味の登山を思い出し、

一人でいられる解放感、リラックス効果が高いです。

 

涼しい季節には、

お香を使って香りを楽しむのもいいですね。

 

ニトリなどで売っている、

火を使わない香りスティックも良さそうです。

 

ディヒューザーなどでミストにして

直接吸い込むのなら、

天然のオイルが良いですが、

ちょっとティッシュにしみこませる程度なら、

100均でもいいかな~と、

個人的には気軽に楽しんでいます。

もちろん、

他の五感も刺激できれば効果はさらに高まります。

僕は辛いことがあると、すぐ山にこもります。

 

ヒノキやスギの香り、

沢のせせらぎ、ヒグラシの声。

涼しい森の風、頂上の風景。

一人で作る最高のキャンプ飯。

 

五感をフル動員して自分を癒しまくります。

 

「出かける時間がない!」

という多忙なときでも、

かおりはカンタンに楽しめるもの。

 

入浴剤、柔軟剤、香水、

アロマオイルにお香、

和室のタタミや飲み物でも。

 

柔軟剤や香水、カフェイン飲料は

使い過ぎには要注意。

 

特にHSPはカフェインで

血糖値が下がり過ぎたり、

眠れなくなったりします。

 

他のセラピーとは違い、

五感の変え方は人それぞれのやり方、

ここちよい種類が違います。

 

ぜひ肩の力を抜いて、

楽しみながら自分にぴったりの香りを

探してみてくださいね。

 

五感の変化で自分を知ると、

自分を愛する方向へ心が動き始めます。

詳しくは「自分を愛する具体的な方法」として、

動画にもしていますので、

よければご覧ください。

 

 

 

【無料メール講座】今ならセミナー動画、電子書籍などの特典付!

詳細は画像をクリック。

header

 

蟹江町、名古屋市、愛西市、津島市、弥富市、桑名市、四日市市、あま市などから予約の多いカウンセリングルームです。

オンラインカウンセリングでは全国の方にご予約をいただいております。