親からの愛が足りなかったって本当?

「親から愛されなかったせいで自己肯定感が低い」

耳にタコができるほど、

ネット上でも書籍でも見かけますよね。

 

私はこの考えにとらわれて

長年親を憎みながらも

愛してほしいと願う、

とても苦しい葛藤と戦いました。

 

 

もらっていた親からの愛まで

否定しなければならないという

こだわりに苦しみ、

必要以上に親を憎んで

余計に苦しんでいたのです。

 

でもね、

意外と愛そのものは

もらい過ぎるくらいもらっています。

 

ただその愛に偏りがあったから

耐えきれずにつぶれる前に

こころにフタをして耐えた。

 

これがアダルトチルドレンの

根幹だと思っています。

その愛の正体は…?

 

ずばり、父性愛です。

 

愛には母性愛と父性愛の2種類があります。

 

なかでも、

アダルトチルドレンには父性愛が

多く与えられ過ぎたと

カウンセリングを通して感じています。

 

どういう意味?と感じて当然。

 

誰もこんなことは教えてくれません。

 

ということで今回は

無駄に親を憎まないための

愛の偏りについてお話をしますね。

 

母性愛をあげて父母のバランスを!

母性愛とは、「あなたがいるだけでOK」

存在を認める愛情のこと。

 

いわゆる自己肯定感の部分で

失敗しようが泣いていようが

オールオッケーの愛情で

あなたを勇気づけ、行動へ駆り立てます。

 

いっぽうで父性愛はしつけをはじめとする

他人、社会とのかかわりを教える

愛情のこと。

 

条件付きの愛情で

何かを達成したときに与えられます。

 

「よくできたね!」という声かけや

「危ないからダメ!」という

危機回避も父性愛です。

 

ただ、この条件が厳しくなりすぎると

「よくできないから愛されない」

「遊んでいたら見捨てられる」

といった不安が膨らんでしまいます。

 

 

他方、親が過剰な期待をもつと、

行き過ぎた父性愛が

「なぜできないんだ!」

というDVや、

「もうこの子はダメだ。」

といった無視などの悲しい事態も。

 

 

こうして、

愛はどちらに偏り過ぎても

生きていくには不自由。

 

母性愛ばかりだと、

ワガママでひとりぼっちになり、

父性愛ばかりだと

周囲の顔色ばかり気にします。

 

アダルトチルドレンに多いのは、

両親が生きるの必死過ぎたケース。

 

周囲に子供の面倒を見てくれるような

近所のオバチャンや祖父母がおらず

稼いで食わせることに必死という状態。

 

つまり母性愛を与える余裕がなく、

子どもを早く大人にしちゃった

父性愛への偏りが原因のひとつ、

と僕は捉えています。

 

だったら自分で自分に

母性愛をあげれば

こころのバランスは勝手にとれていくのです。

 

母性愛を自分に与える方法

とはいっても、

こころが傷ついている状態で

親の愛に気づけ!なんていうのは酷。

 

まずはカウンセラーや相談相手が

しっかりと母性愛で包み、

安心して休まないといけません。

 

それができないときは

自分で自分を優しく包む必要があります。

 

どうやるか?

 

感情を差別しないこと!

 

この一言につきます。

 

たとえば怒りや哀しみがでたとき

それらを悪者にして

無理に抑えたり忘れたりしがちですよね。

 

ストレス解消!ストレス発散!

ポジティブ思考バンザイ!

 

といったふうに。

 

これが最大のワナ。

 

これらは全部、

泣かないあなたはオッケー、

明るいあなたはオッケー、

といった条件付きの父性愛だから。

 

この記事を読んだ後は、

怒りや哀しみがきたら、

「チャンス!」と思ってください。

 

今まで差別して抑えつけていた感情を

母性愛で包み込めるからです。

 

やりかたはカンタン。

 

「怒ってるね。」

「怒るのも無理ないよ。」

「今まで無視してゴメンね。」

 

この3拍子を声に出せばオッケー。

 

私のメールレッスンを受けた方は、

それこそ耳にタコができますよね。

 

「こんなことで意味があるの?」

と疑う方は、

改めてレッスンを復習するか、

 

受けていない方は

記事下の画像をクリックして

詳細をご覧ください。(無料です)

 

親からの愛情に気づくとき

母性愛で自分を満たせるようになると、

こころに余裕が生まれてきます。

 

すると驚くことに、

「親も精いっぱい愛をくれてたのか。」

と気づき始めます。

 

その愛が父性愛に偏っていたから

お互いに窮屈になったんだな、、

 

と少し親を許す気持ちすら

湧いてくる方もいらっしゃいます。

 

やっぱりね、

なんだかんだいっても

最後は愛情に救われないと

自分も他の人を愛せないのです。

 

最近はカウンセリングをしていて、

愛情の正体がわかって

キラキラした顔で帰っていく方が

非常に増えました。

 

親との時間はもう過去のこと。

そこを変えるのは難しいですが、

大人になったあなたには

今を生き抜く知恵があります。

 

まずは遅れた母性愛を自分に与え

こころのバランスをとることから

始めてみてはいかがでしょうか。

 

一人では難しいときは

カウンセラーを頼ってくださいね。

 

無料レッスンのご案内は

下記画像をクリックしてご覧ください。

【無料メール講座】今ならセミナー動画、電子書籍などの特典付!

詳細は画像をクリック。

header

 

蟹江町、名古屋市、愛西市、津島市、弥富市、桑名市、四日市市、あま市などから予約の多いカウンセリングルームです。

オンラインカウンセリングでは全国の方にご予約をいただいております。